ホーム > 医師紹介

医師紹介

患者さま自身に現状を理解してもらい、疾患に対する最大の治療効果をもたらす。それが当院のモットーです。

矢本診療所 院長 矢本真城

当院は、「原因不明でも痛みがあれば全て」を扱うクリニックです(虫歯は無理です)

原因不明の痛みがあるもの全てを扱う病院です

原因不明の痛み

たとえば虫歯や盲腸など、原因のわかっている時はその原因を取り除けば痛みは治まるでしょう。しかし、痛みがあるにもかかわらず、色々な検査で異常が見つからないために治療を受けられない患者さんもおられます。そういった患者さんにも『ペインクリニック』では治療を行います。

急性の痛み

寝ちがえのような急性の痛みであれば、まずは痛みを止めます。そして「時期」を見て少しずつ動かして筋肉と関節をほぐしていきましょう。実はその「時期」というのは普通に信じられているよりずっと早いのです。これは長時間動かさないでいると、筋肉がこわばって余計に痛くなり、慢性化することがあるからです。
 このように痛いからといって、何でも「ひたすら安静にして動かさない」というのは間違いです。積極的に動かさなければ改善しないことも多いのです。

慢性の痛み

慢性痛は大抵の場合、何らかの形で日常生活から影響を受けています。
例えばストレスや心配事、運動不足などが原因となります。
そこでまずは目下の苦痛である痛みを取り除いた上で、日常生活を見直すなど長い目で原因と向き合わなければいけません。
特に慢性の腰痛などは多少の痛みがあっても適度に運動する必要があります。また、膝の痛みも脚の筋力を強くすることが予防と治療につながります。

痛みに対しては目の前の安楽より長い目で見た治療が重要です。

内科医として生活習慣病の治療もおこないます

内科医として生活習慣病の治療もおこないます

生活習慣病の治療にはいうまでもなく、日常生活での習慣を改善することが大きな意味を持ちます。

高血圧のお話

たとえば高血圧症は、それ自体は痛くもかゆくもありません。そのためついつい放置してしまいます。「年齢を重ねれば、血圧は上がって当たり前」とおっしゃる患者さんもおられます。確かにそうかもしれません。しかしだからといって、「そういうものなのだから、上がるにまかせればいい」ということではないのです。
自分の将来に「脳卒中後の生活」を望む方はおられないでしょう?
脳卒中のリスクを下げ、あなたの今後の人生をより有意義なものにしましょう。
とはいえ、病院へ行けば後は病院まかせで好きなように生活することが出来るわけではありません。ご家庭での血圧測定や、減塩食、適度の運動などをご自分でもして頂く必要があります。
患者さんが今後の人生を考えておられるなら当院はそのお手伝いをさせて頂きます。

いつでもあなたをお待ちしています。

新着情報

一覧を見る


大きな地図で見る

■所在地
〒533-0032
大阪府大阪市東淀川区淡路4-7-9
ベンセドール淡路4F

■診療時間
9:00~12:00

■休診日 
月~土午後/水曜/日曜/祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら